Log of a Hypocrite

偽善者

今日の話

成人式に行ってきた。行って善になりうる事は一切ないとわかっていても、成人式は当然行くものだという親の圧力に抵抗しても無益だと思い行ってきた。市長など偉い人が挨拶をするなかヤジを飛ばすようなアホはどこにでもいる。知ってたよ。

式の間は今でも未だに交流のある(ありがたいことですね)男ふたりのとなりに座っていたのだが、式が終わると彼らは部活の食事会ということで会場を離れるとの事だった。自分はというもの、しばし人間観察をしたのちに会場からやや遠い駅まで歩いて帰宅した。ロクに他人との交流はなかった。

昼前に早々と帰宅した時の父親の表情はもう覚えていない。速攻でスーツを脱いでスウェットとパーカーを着、整髪料が枕につかないようタオルを敷いて寝た。寝ていると近所に住む祖母が訪ねてきて成人おめでとう、といって二万円をくれた。どうだった?と聞かれて、両親もその場にいるというのに寝起きのせいで正直に「別に……行かなくてもよかったかな」と答えた。気まずい空気に耐えかね礼を言いそそくさと部屋に戻ってしばらく天井を見たのちにこの文章を書いている。さっき書いた受け答えが今日一番、何よりも自分を苦しめている。言っちゃったね

Dionisyan - The Mystery of Faith

前々からディスクレビューというのをやってみたかったんですが、自分が聴くようなやつはすでにレビューが為されている事が多かったので辟易していました。しかし今回たまたま買ったCDは日本語で書かれたレビューがなさそうなので書いてみます。

 

イタリアの(フューネラル)ドゥームメタルの2014年作1stアルバム。ジャケットだけ見ると90年代っぽさがプンプンしますが2014年作です。ジャケとタイトルから分かるように宗教っぽさ全開です。歌詞は見てないんですが、曲名が全部キリスト教関連っぽいのでそういうことだと思います。肝心のサウンドの方も実に荘厳であり、聖歌のような女声コーラスがいい具合にガテラルヴォーカルと重苦しい楽器隊に絡んできます。(ヴォーカルはWorshipぽい感じです。というかサウンドもWorshipにElendを足した感じ?)そしてアコギのパートもありと、ブラックメタルに慣れた耳でもすんなり入ってくる退廃的サウンドが素敵です。EL Worship

個人的な一押し曲は4曲目のClouds Under the Moonです。美しいオーケストレーションから始まり、ヴォーカルよりも先に女声コーラスが歌い出します。当然前述したアコギのソロパートもありありで、14分近くかけて展開するというDsOのCarnal Malefactorにも通ずるような長尺曲です。好きです。付き合って下さい。これはもうぜひ聴いていただきたいのですが、このバンドの曲はネットにあまり上がっていない(bandcampやってないのかよ!)ので、仕方なくつべで公式がアップしている別の曲(同アルバムに収録)を貼ります。

 


Dionisyan Torment and Ecstacy [official video full HD]

週末でまた東京に行った。

銀座でのナンパの多さに圧倒された。する側もされる側も楽しんでいる感じでなんとなくいいなと思った。

その後新宿まで行き人間を見に行った。カップルに外国人のフリをして英語で話しかけるということをしていたら、カップルの女がcheapをチンポと本気で聞き間違えていた。本当にバカだけどチンポとcheapを聞き分けるスキルは歌舞伎町においては重要じゃないんだな。ゴールデン街の一角からは下手くそな椎名林檎のカラオケの声が聞こえて、改めて新宿なんだなと思った。

サタデーナイトの渋谷にも行った。かなり冷たい雨が降っており、さすがに皆帰ったろうと思ったけれどそんなことは無かった。特に目的のないコスプレ軍団の行進。自分も何か着ればもうすこし楽しめたのかもしれない。

当事者研究という言葉がありますが、今回のようにちょっとメタっぽい視点で歩くのではなく、自分も飲み会の一員として朝まで過ごすみたいな事をやってみたいなと思った。あと相席屋に行きたいな。

『ヨブ記』についてのメモ

ヨブ記』は旧約聖書に収められている物語のひとつであり、内容としては「神が信心深く裕福な暮らしをしていたヨブに非常に、非常に厳しい試練を与える」というものである。その内容は壮絶なもので、そこまでやるのか?という仕打ちがヨブを襲う。

しかしその内容が意味するのは神の全能性のような安易なものではなく、あくまでユダヤ教徒(+キリスト教徒)に対する信仰の問題である。

物語の中でヨブは「なぜ神はこのような仕打ちをするのか?」と幾度となく悩む。しかし38章からの神の返答は厳しいものだった。

わたしが大地を据えたときお前はどこにいたのか。知っていたというなら理解していることを言ってみよ。 ヨブ記38:4

それからというもの、神の厳しい返答が40章まで続く。それにヨブはこう答えた。

わたしは軽々しくものを申しました。どうしてあなたに反論などできましょう。わたしはこの口に手を置きます。ひと言語りましたが、もう主張いたしません。ふた言申しましたが、もう繰り返しません。 ヨブ記40:4,5

また42章にも

あなたは全能であり御旨の成就を妨げることはできないと悟りました。…あなたのことを、耳にはしておりました。しかし今、この目であなたを仰ぎ見ます。それゆえ、わたしは塵と灰の上に伏し自分を退け、悔い改めます。 ヨブ記42:2~5,6

というように、完全な服従と言っていいような態度をヨブはとっている。ユダヤ教徒キリスト者でない者からすると(ひょっとしてその二者も)かなり神はサディストのように感じられるが、冒頭で言ったように要点はそこではない。この物語は最終的にヨブが神を信じる事を諦めて終わるのではなく、神を信じ続けて終わるのだ。最後の最後でヨブは救済されるのだが(ヨブ記42:12~17)、全く報われずともそこまで信じ続けたヨブの信心が最も重要なのだ。同じような事は新約聖書におけるイエスの受難の物語にも共通している。マルコによる福音書ルカによる福音書ではイエスは絶叫し、十字架から自分を降ろしてくれなかった神になぜなのか、と問うて絶命する。しかしそれまでのイエスの行動や人物から察するに、なぜなのかと問うている間も神に対する信仰心は持ち続けていたであろう。そしてその後に復活する……。

結局何が言いたいのかというと、「救われなさ」それ自体にこの物語の全ての意味がかかっているのだと思う。人智をはるかに超越した神の意味不明な行動、それでもなお神を信じる。それを経た結果として救済は待っている。信じ続ける。信心なくして救済はあり得ない。先述した神に対するヨブの悩みは「信じている神に対して疑問を持つ事は愚かであり、そんなことを考える暇があったら信じなさい」というようにとれる。そういった「人は信仰によって義とされる」的メッセージをこの物語は伝えたかったのではないだろうか。

 

また、物語中にヨブは「生まれてこなければよかった」というような事を度々言うのだが、同じような事をイエスはユダに対して「お前は生まれてこないほうがよかった」という感じで伝えている。その関連性についての疑問が生まれたので、今後はそれについて調べたいと思う。

雑感

携帯の指紋認証がうまくいかない。暑くて指が湿りがちだから。結局暗証番号を打ち込むという手順にもすっかり慣れてしまった。

 

この間、東京に遊びに行ったときに初めてナンパをした。といってもガチナンパ(響きがAVのタイトルっぽくて何か嫌だと思う)ではなく、小道具を使ってネタ的に声をかけてみて会話が成立するかどうかといった内容である。結果としては少しぐらいは話を聞いてくれる人はいるらしい、ということだ。渋谷という場所も凄く良かった。

しかしそんな遊びみたいな場でも(遊びじゃないナンパって何?)、本気で遊べない自分がいるのである。女の子が接近し、つまらないネタをかますより前に「オナニーしてぇ〜」みたいな汚言が出てしまう。これはほぼ無意識と言っていいと思う。恥ずかしさとか照れ隠しみたいなもの?それとも別の何か?知らない人間と話すのはわりと楽しいなと頭では思考しているのに。オナニーしてぇ〜と言ってしまった後に携帯をいじろうとしたら、やっぱり指紋認証がうまくいかなかった。ハァ

知らない人とうまく会話を進めていきたいと思う一方、無意識は破滅願望みたいなもののほうが強いのかもしれない。告白について考えてみても、まともな告白をしようと全く思わない。テロリズムに近いイキ告(いきなり告白)しか考えられない。

人をメチャクチャに好きになりてぇ〜(笑)いやいやこれは本気で書いていますよ。

 

 

ところこれを読んでる人、恋してますか?

自分がここまで恋愛に関する事象にコミットできないのは、なんでもかんでも学問に当てはめてみたくなるからかもしれない。おそらく恋愛にコミットしている人は理屈抜きでfall in love(キッショw)しているのだろう。

ちなみに恋愛は絶対に哲学になり得ない。倫理学の領域だと思う。しかし哲学者でもそういう感情に任せた行動はできるらしい。キェルケゴールはメチャクチャ愛に悩んだらしいですよ。そんなキェルケゴール、冷静に結婚について語っているカント(詳しくはググってね)、ニヒリズム全開のニーチェ、etc…あなたはどういう考え方が好きですか?

 人を好きになった事が無いなら無いでいいと思うのに、それでも何か不安を感じるのは倫理の為せる技だろうか。あいつ彼女も作らずにキモい本読んでるぜ…モラルですよね。いやそういう人としてのモラルを守ってる風の奴らをモラルオナニストだと笑ってやるほうが生きやすいでしょうか。どうなんでしょう

 

酒は最悪だ。そもそも自分は酒に弱いし、うまい酒を飲んでも自分の都合のいいように酔えないから。無意識ではさほど求めていないナンパを手助けしてしまうから。酔って冷静を失いベラベラ喋ってしまう自分を見ている自分がいるのを感じるが止められない…

 

今これを書いている部屋の気温は二十数度だろう。夏はもう終わり。一ヶ月以上前に見かけた「夏だね〜」と声をかけていたナンパ師の事をふと思い出す。彼の声掛けの第一声はどう変化したのだろうか、と妄想にふけりながらキーボードを触る手を止めようと思う。もう寝るぜ明日からまたバイトだ。

 

独断と偏見に満ちたリスカについての考察

 リストカットという行為がある。その歴史は古代ローマや殷代の中国まで遡ることができる。ローマ式では、自傷することによって瀉血を行い、その血を乾燥させ、その粉を戦争の時に持ってゆき、負傷した場合に舐めるという―呪術的な意味を多大に含んでいたとされる。というのはただの嘘である。ウィキペディアによれば実際の発端は60年代のアメリカらしい。

そして約五十年を経て、その行為は日本に伝わり、行為と言うよりもはや文化と形容できそうなレベルにまで発展している。

 

 メンヘラ。インターネットを見ていれば一度は目にするこのワードはリストカットとは切り離せない関係となっているのは明らかである。ステレオタイプのメンヘラを表現するなら、ストーカー行為、電話の無限発信、人前で自殺を仄めかす発言等々だろうか。

だが実際その性格は一枚岩では無かった。先ほど述べた「わかりやすい」メンヘラは確かに存在するだろうし、数も多いと思う。しかし数が多いだけ偽物、と言っては語弊があるが、本物が少ないのだ。

ファッションメンヘラという言葉がある。その名の通り、流行に乗っただけのライトなメンヘラの人間を表す言葉である。これが…多い。非常に多い。メンヘラは文化というような事を述べたが、どうもその文化が思春期の(主に)少女にはしっくり来るらしく、ツイッター等のSNSで容易に観測することができる。確かに思い通りにいかない気持ちはそういった方向には持って行きやすい…のだろうがいかんせん自分は少女でもなんでもないのでわかりかねる。詳しい青少年の真理については夜回り先生の本でも読めばいいと思う。

 

 リストカットに話を戻していこう。リストカットは主に2種類に分けられると思う。

①他人に認識してもらうためのリストカット

これが一番多いのではないだろうか。つまり自分に注意を引き付けるための行為としてリストカットを見ているパターン。ツイッターに#リスカ #アムカ 等のハッシュタグ(閲覧注意)をつけて、自傷した自らの腕の写真をアップロードする人々はここに分類されるだろう。

②内的衝動の発散としてのリストカット

これは①とは正反対に、自分の中に感情を貯めこむ人間が行うことが多い。誰に見せるでもなく、ストレスの矛先を自身の身体に向けるものだ。①より精神の傷つき度合いが深刻なケースが多いように思える。①を外的リストカットと称すれば、②は内的リストカットという言葉がよく当てはまると思う。

 

①と②にどちらも当てはまるのは性によって充足を求めるということだろうか。セックス(=性欲)が好きなのではなくて、承認欲求を満たす=セックスという考えの人が多い気がする。それと服薬。薬局にある麻薬成分を含んだ薬を購入するライトなユーザーから、病院をいくつも掛け持ちして大量の薬を巧みに?手に入れるヘビーユーザーまで様々であるが、服薬は欠かせない要素になっていると思う。①か②がさらに悪化し、覚醒剤等の乱用によって脳がいかれてしまった場合は狂人となるのだろうが…。

 

 

実際に②のタイプの人と話をした感じ、「やっぱり薬じゃメンヘラ治んないわ」というような感じだった。メンヘラな考え方含め、それは人間としての性格なんだからそれは当然だろうなと納得してしまった。